2013年8月15日木曜日

AmazonアソシエイトのURLを短縮する3つの方法

どうも、靖国神社への参拝は8月11日(日)に済ませた@akira0627です。

実は、私、職場にてメルマガの作成を担当しております。

いままでは、公式サイトの商品購入URLをそのまま貼り付けていたんですが、
同僚から「改善したほうがいいんじゃね?」とのご指摘。

確かに、似たような長い文字列が文中に何度も登場するわけで、
読者はそれだけで辟易してしまいます。

また、URL直貼りだと、メルマガ経由で購入まで結びついたかどうかの分析ができないのも悩みの種。

そう、そんな諸々の悩みを一気に解決する方法があったのです。

1.URL短縮しちゃいなよ① → 結論:×

まずは「Amazon URL短縮 短縮」でググる。
出てくる出てくる玉石混交の粗情報!

手当たり次第に見ていくと、「URLを短縮すればいいじゃん」という情報。フムフム

ツイッターなどでもよく使われているようなURL短縮サービスを使えば、簡単に短縮することができる。

「おお、簡単じゃないか」と喜んだのも束の間、
なんと、外部のURL短縮サービスを使うと、スパムメールと判定されることがあるそうな。ナニー!
Amazonの規約でも規制されているみたい。

「どうしろと?」

2.URL短縮しちゃいなよ② → 結論:△

Amazonの商品ページのURLは恐ろしく長いが、手作業で縮めることが可能とのこと。

▼結論から言えば、下記のようなURLに書き換えればいいそうだ。
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/(ASINをコピペ)/○○-22/

うん。
だいぶ短くなった。
でも、毎回手作業で直すのは恐ろしく面倒だ。
ヒューマンエラーの可能性も大いにある。

3.Amazon公式が提供する短縮サービス → 結論:◎

ついに最適解を発見!

なんとAmazonが公式に提供しているURL短縮サービスがあるではないか。
検索結果の「▼マーク」をクリックすると、
別窓が表示されるので、「URLを amzn.to に短縮しますか? 」をクリックする。
すると、あっという間に短縮URLの完成。

一応、リンクの動作確認ツールで確認してみると、見事「有効」

調べてみるもんだ。
というか、青い鳥はもう手の内にあった。

▼メリットは下記
・簡単、楽ちん
・公式なので安心
・もれなくアフィリエイト収入ゲット!
・効果測定も可能 など

他の場面でも転用できるので、今回学んだことの影響は大きい。


誰かの役にも立てば幸いです。
ではでは!
from @akira0627