2013年4月27日土曜日

どうも、普段使用しているシャンプーは「H&S」の@akira0627です。

友人から「おすすめだよ〜」
とすすめられたので、こちらでもご紹介をば。

その名も「リマーユ

弱酸性の馬油シャンプーとのこと。
なんかね、市販のシャンプーなどには、界面活性剤とやらが含まれており、
「なんかよくない」らしい。

で、この「なんかいい」シャンプーをつくってるのが、リバテープ製薬という会社。
絆創膏の会社ではないですよ(笑)

▼こんなパッケージ



▼3本並び!




馬油。
馬の油と書いて、「バーユ」

なんでその馬油が、人間の髪にとってよいのか???

▼調べてみました。

髪の毛は、表面のキューティクルによって守られています。
そのキューティクルの保湿成分がアミノ酸なのです。
パサパサした髪、ツヤのない髪は、アミノ酸量が減り、キューティクルが損傷した状態なのです。
アミノ酸配合のシャンプーは、傷んだ髪の毛にアミノ酸を補給することによって、保湿力が高くなり、ツヤと潤いを取り戻します。

天然馬油は、人の肌に限りなく近い天然成分だからやさしい

馬油は、馬のたてがみ、馬の基部または皮下脂肪からとれる油分を精製したものです。
リマーユヘアシャンプーに使用されている馬油は、新鮮で上質の馬油を使用し、精製度が非常に高いため、サラサラと伸びやすく、臭いもあまり気になりません。天然の成分で、無香料、無着色、パラペンも不使用のため、赤ちゃんから敏感肌の方にも安心してお使いいただけます。



天然素材による浸透性と究極の保湿

天然馬油は浸透性に優れていて、すぐに潤います。 馬油には、人間の細胞膜を作るために欠かせない不飽和脂肪酸が大量に含まれ、その不飽和脂肪酸は浸透力が非常に高いという特徴を持っています。
また、馬油の不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸の割合は、人間の皮脂と非常に似ているため、肌につけると皮膚にフィットし速やかに浸透するのです。
一般的に馬油は、人間にとって優れたスキンケア成分である皮脂と、とても近い成分を持っているといわれる天然素材のオイルです。
浸透した後は、皮膚の潤いを保ち、角質層から水分の蒸発を防ぐという働きをします。

(以上、http://www.libatape.jp/store/landing/a_amino_sp/130415/より引用)

でも、「お高いんでしょう?」

いえいえ、↓
今なら「1本 2415円無料」実施中だってよ!






ではでは!
from @akira0627



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。